中綴じ印刷を依頼してみよう|安く宣伝するコツ

男性女性

安心できる業者探し

紳士

複雑な印刷だから慎重に

製本には様々な種類があります。パンフレットや週刊誌、文庫本、辞典などそれぞれ厚さや使用目的が違う種類の冊子があり、製本方法もそれぞれ適した方法があります。様々な製本の中で、多く利用されているのが中綴じ印刷です。中綴じ印刷は、パンフレットや取扱説明書、週刊誌などによく利用されています。中綴じは、2つ折りにしたものを重ねて中央で留める製本方法です。ページを開いたまま平置きできるので、読みやすいのがメリットとなっています。中綴じ印刷の特徴は、1枚の紙に4ページ印刷するということです。ページの順番も複雑で、読みやすいように白紙のページを設ける場合もあります。ページ数を間違えると、印刷の仕上がりが注文内容とずれてしまい修正作業が発生し納期の遅れなどが起きてしまします。そのため、印刷会社に発注する場合には、サイズや用紙の指定とともに、ページ仕様を正確に伝える必要があります。中綴じ印刷用の印刷データを作成する時に多くの場合専用のソフトを利用する場合が多いのです。印刷業者では、多様なソフトに対応する準備はされているところが多いです。しかし、あまりメジャーでないソフトや古いソフトで作成した場合は、まれに業者が対応できない場合があります。そのため、事前に作成したソフトへ対応しているが確認することも大切です。メジャーな中綴じ印刷なので業者は非常に沢山あります。業者により技術力や価格が大きく違う場合が良くあります。インターネットの比較サイトを利用することで、多くの業者を簡単に比較することができるので、安心して依頼できる技術の高い業者を探すことが可能となります。

商品の販売促進に必要な物

ノベルティ

企業が商品の販促グッズに採用するオリジナルのノベルティグッズは、そのグッズ自体が人気になって商品購入の決め手になる事もあります。商品や会社を良く知って貰う為に企業もノベルティグッズには力を入れているので、適切な商品をノベルティ会社に依頼するのがお勧めです。

袋をデザイン

紙袋

小売業などを行っていると商品を入れる袋が必要になります。レジ袋がもっとも安価ですが、少し高級感を持たせたいといった場合には紙袋を選ぶことになります。紙袋でも既製品からオーダーメイドまでありますが、安価にかつお店をアピールするのであれば無地の既製品に印刷を行うセミオーダーがメリットがあります。